忍者ブログ
■最新記事リンク

New 2016/01/22 Samsung SSDの重さを量ってみた


New 2016/01/21 ネットブックでSamsung Magicianを使う方法

New 2016/01/20 dynabookをSSDに換装してみた(5)~転送速度確認編~

New 2016/01/19 dynabookをSSDに換装してみた(4)~win10クリーンインストール編~

New 2016/01/18 dynabookをSSDに換装してみた(3)~SSD取り付け編~



[PR]

2017.08.17 (Thu) Category : 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

win10をSSDに換装してみた(2)~SSD選び編~

2015.12.05 (Sat) Category : SSD換装



まずはSSDの調達。
選ぶ際に重視したポイントは下記3点

優先順位ポイント
1 記録方式
2 容量
3 メーカー

■1:記録方式
記録方式概要
SLC 1セルあたり1ビットで記録
MLC 1セルあたり2ビットで記録
TLC 1セルあたり3ビットで記録

小難しいことは調べて欲しいが
1セルあたりの記録ビット数で分けられている。

性能的にはSLC>MLC>TLCとなっており
比例して価格も高くなる。

SLCは高価なのでMLCを選ぶことにした。
というかほとんどがMLCなんだけどね。

■2:容量

SSDが安くなったとはいえ
HDDよりはまだまだ高いので
ある程度の容量のSSDにOS乗せて起動ディスクにし
データはHDDに保存というのが現実的な構成となるだろう。

最初は128GB程度でもいいかなと考えたが
余裕を持って256GBに決めた。

■3:メーカー

候補を3社に絞った。

・コスパが高そうなTranscend(トランセンド)
・評判が良さげなCrucial(クルーシャル)
・10年保障のSanDisk(サンディスク)

■結果


私は「nCache Pro」というキャッシュ技術に惹かれ
SanDisk Extreme PRO 240GBを選んだが
10年保障というのもかなり大きいウェイトを占めている。




あとSSDは2.5インチなんで
3.5インチベイに収めるため変換マウンタを追加購入。



SanDisk SSD

Transcend SSD

Crucial SSD

■関連記事(メインPC)
(1)~確認編~
(2)~SSD選び編~
(3)~SSD取り付け編~
(4)~クローン作成編~
(5)~転送速度確認編~
(6)~急転直下編~
(番外編)HDDの転送速度を計ってみた

■関連記事(サブdynabook)
(1)~確認編~
(2)~インストールメディア作成編~
(3)~SSD取り付け編~
(4)~win10クリーンインストール編~
(5)~転送速度確認編~
(番外編1)~ネットブックでSamsung Magicianを使う方法~
(番外編2)~Samsung SSDの重さを量ってみた~

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

フリーエリア
スポンサー広告
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
広告

Powered by [PR]

忍者ブログ